エコチルやまなしHome > 調査でわかったこと

調査でわかったこと

エコチル調査の研究成果をご紹介

エコチル調査からわかったことをご紹介していきます。

毎年、環境省が開催している「エコチル調査シンポジウム」で発表された内容を取り上げたり、エコチルやまなしで解析した研究成果などをご説明します。

エコチル調査からわかったこと 一覧

エコチルやまなし 研究成果 5

研究テーマ : 母親のヨードばく露と子どもの甲状腺機能低下症

研究担当者 : 横道 洋司  (山梨大学大学院総合研究部医学域社会医学講座 准教授)

エコチルやまなし 研究成果 5 PDFで見る

エコチルやまなし 研究成果 4

研究テーマ : 妊婦の染毛剤使用と生まれた子どもの 3 歳時のアレルギー疾患との関連について

研究担当者 : 小島 令嗣  (山梨大学大学院総合研究部医学域社会医学講座 助教)

エコチルやまなし 研究成果 4 PDFで見る

エコチルやまなし 研究成果 3

研究テーマ : 子どもの誕生月とアトピー性皮膚炎発症の関係

研究担当者 : 横道 洋司  (山梨大学大学院総合研究部医学域社会医学講座 准教授)

エコチルやまなし 研究成果 3 PDFで見る

エコチルやまなし 研究成果 2

研究テーマ : 子どもの浮き指の頻度と静止立位安定性との関係

研究担当者 : 藤巻 太郎  (山梨大学医学部整形外科講座 特任助教)

エコチルやまなし 研究成果 2 PDFで見る

エコチルやまなし 研究成果 1

研究テーマ : インフルエンザワクチン接種の子どもへの効果について

研究担当者 : 横道 洋司  (山梨大学大学院総合研究部医学域社会医学講座 准教授)

エコチルやまなし 研究成果 1 PDFで見る

ページトップへ